Karasawa Koichi 人と自然と野鳥のコーナー

人・自然・野鳥等の情報交換の場です。気軽にご利用下さい!投稿は本名でお願いします。
投稿した画像資料の著作権は、特別の断りがない限り投稿者に帰属します。

3023164
投稿者名
メールアドレス
タイトル
(1) 投稿文
(2) 画像を投稿にする場合はこちらをクリックしてください→ 画像
(3) パスワード(4〜8文字)を入力してください→ (投稿文を削除する際に使用します)
(4)   

3680件中4150 (ページNo.5)      唐沢孝一のページに戻る     

9/20 恐竜博 2019 (国立科学博物館) 
唐沢孝一 2019/9/23(月) 18:30:00 No.20190923183000 返信 削除
111,805バイト 115,776バイト
101,650バイト 129,356バイト
知人のMさんから招待状をいただき、10月14日まで開催している「恐竜博2019」をみてきました。迫力あるデイノケイルス、新種の「カムイザウルス」(ムカワリュウ)をはじめとして、鳥類への進化を示す化石が多々あり、なかなかの内容でした。

写真は
「デイノケイルス〜羽毛のある恐竜で巨大な腕や手に特徴があります」
「北海道で発見されたムカワリュウ、新種としてカムイザウルスと命名されました」
「シノサウロプテリクス〜始祖鳥の進化よりも前に羽毛をもった恐竜として知られる羽毛恐竜。鳥類の恐竜起源説を裏付けるもの」
「クリーニングラボ。ガラス越しに見える地道で細かい作業。小さな女の子が食い入るように見つめているのが印象的でした」

9/18 井の頭自然文化園の観察会 
唐沢孝一 2019/9/19(木) 21:57:01 No.20190919215701 返信 削除
229,587バイト 97,014バイト
87,084バイト 121,049バイト
カラサワールド品川の会(新倉会長)の観察会で、井の頭自然文化園に行ってきました。
  園内では、アカマツの幹に、戦時中に傷をつけて松脂を採集した痕が残っていました。(飛行機の燃料にするつもりだったようですが、実用化には至らなかったようです)。
  また、ヒガンバナの花茎がのびて、その中の一本は蕾が大きく膨らんでいましたが、開花は見られませんでした。今年は9月になっても猛暑だったので開花は遅いのではないかと予想しています。
  この日のお目当てはニホンリスの観察舎の中にいるアズマヒキガエル。自由に活動するリスを観察しながら、横倒しになった樹洞の奥でねぐらをとっているヒキガエルを探したところ、立派な成体が1匹、じっとこちらを見ていました。

  この日の天気は、予報通り、11時前には雨が降りだしました。急いでリス園を引き上げ、彫刻家の西望の記念館で作品を鑑賞。雨の中を12時前に解散しました。

写真は
「松脂を採集した痕〜アカマツの幹」
「もう少しで開花するヒガンバナ(蕾)」
「リス舎の中の倒木〜円内にアズマヒキガエルがねぐらをとっている」
「ねぐらをとるアズマヒキガエル」

9/17 江戸川河川敷 (市川市) で 「モズの高鳴き」 初認でした。 
唐沢孝一 2019/9/17(火) 10:10:17 No.20190919082440 返信 削除
今朝、6時30分ころに、江戸川河川敷(市川市)でモズの高鳴きを耳にしました。当地での初認でした。

1.  唐沢孝一     2019/9/19(木) 08:24:40 No.20190919082440-1 削除
9/19(水)、今朝も江戸川河川敷でモズ1羽、高鳴きを耳にしました。

(お礼) 嬬恋村産の「えごま油」 完売となりました。  
唐沢孝一 2019/9/17(火) 10:03:23 No.20190917100323 返信 削除
243,711バイト
カラサワールドで郷里の嬬恋村産の「えごま油」を紹介させてもらいましたが、お蔭様で、9月上旬に完売となりました。ご支援いただいた皆さんに改めてお礼もうしあげます。

また、2019年産の収穫はこれから行われますが、乾燥に数カ月かかり、手作業でごま粒を選別してから絞って「えごま油」として瓶詰めにします。初出荷は来年1〜2月の予定だそうです。嬬恋村の高冷地で、高品質のエゴマを生産しているため、大量生産ができないためご要望に十分に応えられず申し訳ありません。

  2019年産「えごま油」については、できるだけ早めに下記観光協会に予約されることをお薦め致します。

            嬬恋村観光協会  https://www.tsumagoi-kankou.shop/

ツルシギ 
野長瀬雅樹 2019/9/14(土) 19:37:41 No.20190915214324 返信 削除
100,822バイト
行徳鳥獣保護区で本日ツルシギが1羽いました。
1970年代後半には200羽近く記録されたことも
あるようですが、保護区内での記録としては17年ぶり。

盛んに水の中に嘴を突っ込んで採餌にいそしんでいました

1.  唐沢孝一     2019/9/15(日) 21:43:24 No.20190915214324-1 削除
ツルシギの情報、拝見しました。「17年ぶり」の記録というのに驚きました。むかし、少数でしたがツルシギやアオアシシギなどを撮影したのが懐かしいです。
9月というのに、なかなか東京湾に出かける時間がありませんが、投稿のシギの写真をみて干潟の季節を感じることができました。

9/12 大町公園(市川市) 台風の影響で閉鎖中でした。 
唐沢孝一 2019/9/13(金) 09:51:54 No.20190914073001 返信 削除
264,132バイト 259,276バイト
193,340バイト 238,835バイト
9/12、木鳥会(目黒区)の観察会で大町公園(市川市)に出かけました・・・、が、台風15号による倒木、落枝が通路を塞いでしまい、全面的に閉鎖されていました。
やむなく、大町周辺の梨園や神社、畑の境に植えられた樹木などを観察し、市川市市立自然博物館などを訪問して何とか観察会を終えました。
自然災害も自然観察の対象の一つなのですが・・・、事前に情報を得ることの重要性を感じました。

写真は
「園路を塞いでいるムクノキの倒木」
「スギの高木が強風でなぎ倒されていました」
「収穫地直前の梨がたくさん落果していました」
「梨園の畑の境に植えられた林〜コナラ、クヌギ、イヌシデ、シラカシなど」

1.  唐沢孝一     2019/9/13(金) 10:20:47 No.20190914073001-1 削除
113,444バイト

梨園では、鳥はさっぱり。その代わり、キタキチョウ、ナガサキアゲハ、ツマグロヒョウモン(写真は♀)、アブラゼミ、ミンミンゼミ、ウスバキトンボなとの昆虫を観察しました。樹木ではヒノキとサワラのちがい、ツユクサの雌しべのない花を探したりしました、が、やはり、自然公園には叶いません。


2.  唐沢孝一     2019/9/14(土) 07:30:01 No.20190914073001-2 削除
215,813バイト

9/12まで猛暑でしたが、この日は湿度が低く、さわやかな秋空のため助かりました。市川自然博物館を見学し、涼しい外の木陰で昼食をとり、帰りには皆さん梨を買って帰りました。

写真は、「木陰で昼食をとりました」

台風15号、被災お見舞い申し上げます。  
唐沢孝一 2019/9/13(金) 09:34:27 No.20190913102226 返信 削除
9月9日未明に千葉市付近を通過した台風15号ですが、千葉県内の被害は予想を遥かに越えていたことか分かってきました。
被災された皆さんにはこころよりお見舞い申し上げます。

県内には市原高校時代の教え子や元同僚、自然観察大学の講師の先生など、沢山の知り合いがいますが、地域によって被害状況がことなるようです。
都市部では電気や水道が回復したところが多いようですが、市原市の南部や君津、鴨川などはいまだに連絡がとれない知人もおり心配です。
  13日の新聞(朝刊)によれば、10qもの山道を歩いて食料の買い出しにでかけるようすが報じられていました。電気、水道、道路などの一日も早い復旧、平穏な日常が戻ってくることをお祈りいたします。

台風15号の犠牲になったムクドリとスズメ 
越川重治 2019/9/11(水) 01:59:14 No.20190912035157 返信 削除
259,881バイト 263,437バイト
210,426バイト
今までに経験したことがない風雨に見舞われた千葉県船橋市北習志野駅前のムクドリとスズメのねぐら場所に唐沢先生と同じように9/9に行ってみました。午後から行ったので、すでにねぐら下の道路と歩道は、一部清掃されていましたがこちらでもムクドリ15羽、スズメ26羽の死体を確認しました。多くは幼鳥のようでしたが、風雨の痛みと道路側のものは自動車に轢かれているものもあり判別がつきませんでした。清掃前であればおそらくこの2倍くらいの被害があったのではないでしょうか。台風前はムクドリ約2000羽、スズメ1000羽ぐらいがいました。
この台風によりどれだけ鳥たちが影響を受けたのでしょうか。
写真は被害を受けたムクドリとスズメです。

また、千葉県を中心に今なお水道、電気が復旧していないところも多く、被害を受けられました皆さまに心からお見舞い申し上げます。

1.  唐沢孝一     2019/9/11(水) 18:35:54 No.20190912035157-1 削除
北習志野駅前のムクドリとスズメの情報、有難うございました。一夜にしてこのような事態になるとは、何とも痛々しいです。ムクドリ、スズメ、ツバメ、カラスなどの集団ねぐらは暴風雨に弱いことを改めて知りました。


2.  松丸一郎     2019/9/12(木) 03:51:57 No.20190912035157-2 削除
271,110バイト

船橋市の隣、市川市でもねぐらにしている街路樹の近くにスズメの濡れ切った死体がありました。9/11なのですでに清掃されたか、ハシブトガラスに持ち去られたかで、1羽でしたが(カラスが持ち去ろうとして落としたのかもしれません)。

9/11 石神井公園でも台風15号の被害・・・ 
唐沢孝一 2019/9/11(水) 18:50:53 No.20190911185837 返信 削除
367,191バイト 495,019バイト
87,627バイト 242,962バイト
八潮の会(品川区)の観察会で都立石神井公園に行ってきました。ここでも台風15号による強風により沢山の樹木がなぎ倒され、落枝も多数見られました。蒸し暑い猛暑でしたが、トンボやチョウなどの昆虫が観察できました。

写真は「強風で倒れたケヤキ」「幹や太い枝が折れたシダレヤナギ」「エノキに産卵するアカボシゴマダラ」「水たまりで飲水するカラスアゲハ」

1.  唐沢孝一     2019/9/11(水) 18:58:37 No.20190911185837-1 削除
53,188バイト

トンボの仲間では、コシアキトンボ、シオカラトンボ、ギンヤンマ、アキアカネ(♀)などを観察。アキアカネは1頭のみでした。

写真は「アキアカネ」

9/9 台風15号、ムクドリの集団ねぐらを直撃  
唐沢孝一 2019/9/9(月) 22:28:45 No.20190909223345 返信 削除
273,144バイト 437,702バイト
263,777バイト 276,543バイト
  9/9の深夜から早朝にかけて、三浦半島から東京湾を北上した台風15号、千葉市に上陸して茨城県へとを抜けました。県内を通過したこともあり、市川では物凄い暴風でした。
  いつもムクドリが集団ねぐらをとっている近所の公園(大洲防災公園)のことが気がかりでした。台風がおさまった後に行ってみました。

  公園ではポプラやシダレヤナギの高木が強風で倒れていました。ムクドリのねぐらの下では、あちこちに死骸が散乱。市役所の担当者が、通報があったとのことで調査にきており、一緒に死骸をあつめました。合計29羽を数えました。

死骸のあるところにやってくるのは公園に棲み着いているハシボソガラス。カラスにつつかれたムクドリの死骸もありました。また、ハシボソガラスがスズメの死骸を食べるシーンも観察しました。

夜間に首都圏を襲った台風、ツバメやスズメ、ムクドリ、ワカケホンセイインコ、カラスなどの集団ねぐらへの影響はどうだったでしょうか?

写真は「暴風で倒れたポプラ」「シダレヤナギ」
「暴風で落命したムクドリの山」 「スズメの死骸を食べるハシボソガラス」

1.  唐沢孝一     2019/9/9(月) 22:33:45 No.20190909223345-1 削除
239,619バイト

胸の付近の肉をえぐりとられていたムクドリの死骸。公園に棲みついているハシボソガラスの仕業ではないかと思います。

29羽のムクドリの死骸は、今年生れの幼鳥でした。翼や尾は換羽中のものばかりでした。

写真「胸の筋肉の部分がえぐりとられたムクドリの死骸」


[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 .. 368 ]  次へ

MiniBBS