Karasawa Koichi 人と自然と野鳥のコーナー

人・自然・野鳥等の情報交換の場です。気軽にご利用下さい!投稿は本名でお願いします。
投稿した画像資料の著作権は、特別の断りがない限り投稿者に帰属します。

3567435
投稿者名
メールアドレス
タイトル
(1) 投稿文
(2) 画像を投稿にする場合はこちらをクリックしてください→ 画像
(3) パスワード(4〜8文字)を入力してください→ (投稿文を削除する際に使用します)
(4)   

3680件中4150 (ページNo.5)      唐沢孝一のページに戻る     

ゴミ出しついでの自然観察 
石井 秀夫 2020/6/30(火) 23:23:46 No.20200703171021 返信 削除
321,644バイト 365,938バイト
110,744バイト 126,425バイト
今朝ゴミ出しに行った際に、途中のフェンスに巻きついているヘクソカズラでキムネクマバチが次から次へとヘクソカズラの花を移動して吸蜜していました。
急いで、カメラを自宅に取りに帰り、クマバチを観察しました。
今までならば、本の知識の受け売りで「クマバチが花に穴をあけて蜜を吸っている。受粉に寄与していない。盗蜜だ。」と良く見もせず、写真を撮影して済ませるところでした。
しかし、今回は、新コロナで巣ごもりの観察を続けていたこともあり、クマバチが吸蜜したヘクソカズラの花を良く見て、花にクマバチの空けた直線状の穴が開いていることを確認し、うまく次から次へと穴を空けるものだと感心していました。
そんなことをしているうちに、イチモンジセセリが飛来して、ヘクソカズラの花で吸蜜し始めました。そこで、イチモンジセセリの吸蜜光景や口吻を観察したり撮影しようとしたりしました。
また、クマバチが吸蜜した花を持ち帰り、切断して断面を観察したりして、どんな昆虫がポリネーターになるのかなどと考えて見たりもしました。
今度は、ヘクソカズラにホシホウジャクが飛来して吸蜜や産卵しているところを観察出来ればと思っています。

1.  唐沢孝一     2020/7/2(木) 18:10:54 No.20200703171021-1 削除
  クマバチって「ヘクソカズラ」でも盗蜜するんですね。知りませんでした。ツリフネソウやキツリフネソウの花では見たことがありますが・・・・。

  数日前、江戸川散歩でヘクソカズラの花を見つけましたが、クマバチには気づきませんでした。イチモンジセセリも蜜源にしているんですね。今後、注意して観察してみようと思います。有難うございました。


2.  石井 秀夫     2020/7/3(金) 17:10:21 No.20200703171021-2 削除
252,185バイト

目撃した当日(6月30日)にヘクソカズラに付けられた傷の長さを一つだけ測ると3mmでした。
翌日、もっと多くの傷の長さを計ろうとしたのですが、雨のせいか、クマバチに傷を付けられたせいかほとんど、落ちたりして無くなっていました。
本日朝、ゴミ捨てに行った際に、探しましたら、また、花に傷が多く見られる一角を見つけ傷の長さを測りました。12個測定して1.6mm〜3mmの範囲で平均は2mmでした。
一つの花には、傷が2箇所並んで付いている花がありました。6月30日には一回盗蜜して傷が付いた場所で再度盗蜜する姿は見られませんでした。
なぜ、写真のように2箇所に傷がついているのか興味があるところです。
また、クマバチがどのようにして花に穴を開けるのかを知りたいと思いました。

スッポンの卵 
沼里和幸 2020/6/30(火) 17:37:13 No.20200702181549 返信 削除
467,148バイト
自宅そばの恩田川で魚捕り調査を鶴見川流域ネットワークの方々が月1回行っているのですが、6月から再開となり、6/21に行われました。以前の職場の関係で私も参加しています。こどもがやってくるので、私は高齢者としてのコロナ対策としてなるべく近づかないよう気をつけましたが、ちょっと無理だったような。水辺の広場に砂地の岸があるのですが、そこで草取りをした方が、カメの卵を見つけました。写真の通りですが、球形でした。アカミミガメの卵は、楕円形のようですから、この見つかった卵は、スッポンのようです。(詳しい方がいましたら、教えてください。)スッポンがこの川にいるというのは、聞いているのですが、私はまだ会っていません。近隣の遊水池の比較的冷たい水も流れ込んでおり、ホトケドジョウも生息しています。今回、私も初めて捕獲できました。もちろん、いた場所に戻しました。

1.  唐沢孝一     2020/7/2(木) 18:15:49 No.20200702181549-1 削除
スッポンの卵、私は見たことがありません。が、図鑑やネット検索してみると、スッポンの卵で間違いなさそうです。ミシシッピアカミミガメやクサガメなどはいずれもこんな球形ではなく、楕円形ですね。

滅多に観察できないスッポンの卵、貴重な写真、有難うございました。

コカブト 
吉井一仁 2020/6/29(月) 10:39:36 No.20200702180549 返信 削除
85,635バイト
6月28日に予定されていた観音山丘陵の虫探しは雨のため中止。
小2の孫と行く約束していたので雨が上がった午後、
烏川沿いの林に二人で虫取りに行きました。
孫は初めて使う捕虫網でハグロトンボを捕まえるのに苦戦していましたが、
1時間ほどのち、やっと捕まえることができました。
目的のクワガタやカブトを諦めかけていたところ、
朽木があったので裏返してみました。
何やらいたので、孫を呼んで捕まえさせました。
良く動きました。
一見、クワガタのメスのように見えました。
ちょっと調べてみましたが、同定できません。
そこで、今日の虫取りの主催者にお聞きしました。
クワガタのメスではなく、
『コカブト』でした。
夜になってその旨を電話で息子に伝えると
もう逃がしたとのことでした。

1.  唐沢孝一     2020/7/2(木) 18:05:49 No.20200702180549-1 削除
コカブト、お孫さんも大喜びだったのではないでしょうか。「逃がしてやった」のも良かったのではないかと思います。

コカブトは、私は見たことがありません。『昆虫博士入門』(山ア秀雄著)によれば、体長は8-24oとのこと、個体数は少ないようです。貴重な写真、有難うございました。



春や巣ごもり期間の楽しみ 
石井 秀夫 2020/6/13(土) 13:31:29 No.20200701171950 返信 削除
284,762バイト 329,042バイト
168,180バイト 270,880バイト
今年の春は、人との接触を避け、昆虫の卵探しや飼育を楽しんでいました。
以前は、偶然昆虫の卵を見つけて喜んでいましたが、今年は、食草などとの関連から予想して成虫や幼虫を目撃するとその近くの食草で卵探しをしていました。

特にチョウの卵は、形が珍しく美しいので直接観察したいと思っています。
最近、成虫が食草の近くを飛翔したり、産卵行動をしている光景を見て、イチモンジチョウやベニシジミの卵を見つけた時の喜びは一入でした。
老眼で卵を探すことは結構、大変です。この頃は、デジカメを通して拡大した液晶画面の画像をルーペ代わりにして観察しています。
また、その昆虫の生活環を知って見たいという欲求もあり、飼育をしたこともあります。
結局、今年の春には、ベニシジミ、モンシロチョウ、イチモンジチョウ、コガタルリハムシ、ハンノキハムシ、ナミテントウ、カメノコテントウなどの卵を観察し、写真を撮影しました。

妻の知り合いの3歳の男の子に先日、モンシロチョウの3卵と以前ダブってに買ってしまったイモムシの図鑑をプレゼントとした。飼育した卵3個のうち1個は既に蛹になっているとの知らせを受けている。

投稿写真は、イチモンジチョウ、ベニシジミ、モンシロチョウ、クルミハムシの卵です。

1.  唐沢孝一     2020/6/14(日) 22:44:04 No.20200701171950-1 削除
昆虫の卵だけでもこんなに楽しめるんですね。貴重な写真も有難うございました。  
  コロナによる外出自粛中の自然観察の好例かと思い、自然観察大学のMLで紹介させてもらいました。(事後承諾で申し訳ありません・・・・)


2.  石井 秀夫     2020/6/20(土) 01:04:50 No.20200701171950-2 削除
337,533バイト

もって帰ったベニシジミの卵が孵化し、幼虫になりました。
葉に食痕があったので、やっと幼虫に気がつきましたが、なかなか、小さく葉と同色の幼虫を老眼で見つけるのは大変です。
6月19日時点の幼虫の様子を掲示します。

緊急事態宣言が解除されておりますが、まだ、電車での移動を避けて、車で近傍の自然観察に単独で行っております。
巣ごもり期間中に、近くのフィールドで、キイロテントウ、ジュウサンホシテントウ、ナミテントウ、ナナホシテントウ、カメノコテントウなどのテントウムシの幼虫を観察でき、幼虫の食べ物や生活環の一端を知り勉強になりました。


3.  石井 秀夫     2020/6/21(日) 02:48:50 No.20200701171950-3 削除
197,975バイト

6月20日も定例的に観察をしているフィールドで、モンキチョウ1頭が南向き斜面の食草が点在する場所で一生懸命産卵しているのを見ました。
1箇所あたりの産卵はあっという間で、飛翔しては産卵という行動を何回も続け、斜面のあちこちの食草に産卵していました。
おかげで容易にモンキチョウの卵を幾つも見つけることができました。


4.  石井 秀夫     2020/6/24(水) 18:24:18 No.20200701171950-4 削除
248,677バイト

特定外来生物のカミキリムシの駆除に出かけた際に、ヤマトシジミが産卵しているのを見ました。
産卵していたと思われるカタバミの葉を見るとヤマトシジミの卵が1個ありました。
うまく撮影できておりませんが、扁平な面白い形の卵です。


5.  松丸一郎     2020/6/24(水) 22:55:57 No.20200701171950-5 削除
126,934バイト

私も6月24日、江戸川河川敷(千葉県側)でモンキチョウがムラサキツメクサ(アカツメクサ)の葉に産卵しているのを見かけました。


6.  田仲義弘     2020/6/25(木) 21:23:17 No.20200701171950-6 削除
288,850バイト

少し前のものですが、5月29日に石神井公園で撮影したものです。テングチョウはエノキの開きかけのまだ捲いている葉の奥に産卵するので撮影に苦労しました。


7.  石井 秀夫     2020/6/27(土) 04:20:55 No.20200701171950-7 削除
田仲先生
テングチョウの産卵光景、初めて先生の写真で見ました。
ありがとうございました。


8.  田仲義弘     2020/6/27(土) 20:32:54 No.20200701171950-8 削除
250,885バイト

古い写真では申し訳ないので新しいものを撮ってきました。6月27日水元公園です。林の中でキアゲハが産卵しているので撮影してみました。


9.  石井 秀夫     2020/6/28(日) 10:53:00 No.20200701171950-9 削除
423,008バイト

松丸様
モンキチョウの卵(白〜クリーム色)が孵化前にオレンジ色に色が変わるのが、観察しているとわかるので面白いと思いました。
古い写真ですが6月22日に撮影した孵化直前のものを掲示します。

また、カメノコテントウなどは孵化前に色が変わり、内部が透けて見えました。

卵の形や色が様々なのを見るのが楽しく興味が尽きません。


10.  石井 秀夫     2020/6/28(日) 10:57:38 No.20200701171950-10 削除
240,975バイト

カメノコテントウの卵の孵化直前の写真を掲載します。
色が変化し、中が透けて見えている状況だと思います。


11.  唐沢孝一     2020/6/29(月) 16:24:23 No.20200701171950-11 削除
「巣ごもり期間中」の昆虫の観察と写真、拝見しました。

  イチモンジチョウ、モンシロチョウ、クルミハムシ、ベニシジミ、モンキチョウ、ヤマトシジミ、キアゲハ、テングチョウ、カメノコテントウなど素晴らしい写真、楽しませてもらいました。遠出や外出の自粛が求められた中で、自然観察というのは独特の分野であることを示していただいたように思います。

チョウゲンボウ 巣立ち 
鈴木馨 2020/6/30(火) 22:35:29 No.20200630233525 返信 削除
282,967バイト 227,506バイト
111,093バイト
先週 幼鳥が必死で飛翔していましたが なかなか成功しません。でも今はかなり飛べるようになり 巣立ち・旅立ちしました。健やかな成長を祈るばかりです。親鳥の写真 添えます。[東京都]

1.  唐沢孝一     2020/6/30(火) 23:35:25 No.20200630233525-1 削除
チョウゲンボウの巣立ち、心配していましたが、無事に巣立ったとのこと、安心しました。
  これも鈴木さんらによる見守りの成果かと思います。上手く飛べない幼鳥が車に轢かれないよう、人に捕獲されないよう、保護につとめられました。チョウゲンボウに成り代わってお礼申し上げます。

6/29 その後の「ツミ」が観察できました 
高山道夫 2020/6/29(月) 17:45:21 No.20200630232824 返信 削除
917,250バイト 297,473バイト
473,004バイト 392,029バイト
・6/26 に巣立ちしたばかりの「ツミ」を幸運にも見ることができ感動しました。そのあと、6/27、6/28と続けて現地に見に行ったのですが、まったく鳴き声など居る気配なく見られません。もう、飛び立って行ってしまってのではと、ややガッカリしていたのですが、
・本日(6/29)早朝5時起きで、再々挑戦しました。現地に5時半前に着くと、飛翔も観られ雄雌両方の親鳥の鳴き交わす声も聞けました。
・メスは6/26に撮った同じ杉の木の上に止まってくれました。そうこうするうち、メスの近くの木に逆光でシルエット姿ですが、鳥の姿が見えました。双眼鏡で覗くと、不自然に胸毛がふわふわしていたのが見え、これは、「巣立ったツミの幼鳥に違いない」と、順光の場所に移動して見てみると、やはり巣立ちのオスの幼鳥でした。バードウォッチングはまだまだ初心者なのですが、唐沢先生にも助けられ、実におもしろく、ありがとうございました。
・おまけに、13cmほどの「ツミ」の羽も拾うこともできました。「ツミ」に感謝感謝です。

1.  唐沢孝一     2020/6/30(火) 23:28:24 No.20200630232824-1 削除
無事に巣立ったとのこと、一安心です。また、バードウオッチングの面白みを体験したとのこと、これも大きな収穫ではないでしょうか。またの投稿を期待しています。

交差点のスズメの巣 
石井 秀夫 2020/6/28(日) 10:34:48 No.20200629193733 返信 削除
119,352バイト 192,308バイト
169,539バイト 261,829バイト
以前から越谷市内の東埼玉道路の複数の交差点でスズメが営巣しています。
歩行者用信号機の配線のボックスが交差点に幾つも設置されており、スズメが巣として利用しています。
ここ数年5月の連休頃1回目の営巣が始まり、今は2回目の営巣のようです。
写真は6月26日に撮影した物で、この巣では両親が交代で雛に給餌していました。
この隣のボックスにもスズメが出入りしていました。

1.  唐沢孝一     2020/6/29(月) 16:14:45 No.20200629193733-1 削除
  信号機でのスズメの繁殖は珍しくはないのですが、この交差点の周辺にはほとんど人家がないようですね。郊外の、人里離れた交差点での繁殖となると、私にとっては大変貴重な写真です。(貴重な生態写真として保存させてもらいます)。
  今、スズメたちは都心から郊外へ、市街地からより郊外へと営巣場所を変えているようにもみえるので、注目しています。有難うございました。


2.  石井 秀夫     2020/6/29(月) 19:37:33 No.20200629193733-2 削除
786,670バイト

周囲には家がある程度あります。
また、コンビニエンスストアが交差点の角にあります。
イメージがわかないと思いますので、グーグルアースの画像をご覧下さい。
赤い円で囲んだ場所が交差点です。コンビニの近くの巣を撮影しました。

コアジサシとツバメの競演 
石井 秀夫 2020/6/23(火) 08:16:38 No.20200629161013 返信 削除
224,548バイト 146,677バイト
175,229バイト 236,853バイト
6月20日定期的に観察している越谷のフィールド(調節池)でのことです。
調節池で、コアジサシ1羽がホバリングと急降下、水平飛行などを繰り返していました。
そこに、ツバメ1羽が飛翔してきて、このコアジサシのすぐ後を追いかけるように飛んでいました。
私にとっては初めて見た光景で、何の目的でツバメがコアジサシの後を追いかけて飛んでいたのか興味がわきました。
人間(私)の眼から見ると、ツバメがコアジサシと飛翔技術を競っているようにも見えましたが・・・・
田仲義弘先生のように動画で撮影して加工するような高度なスキルと道具がないので伝わりにくいと思いますが、掲載します。

1.  唐沢孝一     2020/6/23(火) 21:50:30 No.20200629161013-1 削除
写真をみると、ツバメはコアジサシを攻撃しているようにみえます。いわゆる「擬攻撃」ではないでしょうか・・・。

実は、写真には撮れなかったのですが、ツバメがチョウゲンボウに向って物凄い勢いで突進したのを見たことがあります。この時は、マンションでツバメが繁殖しており、たまたまその屋上にチョウゲンボウが飛来したのでした。卵や雛を護るためにチョウゲンボウを撃退したようです。

ツバメにとってコアジサシは、天敵ではありません、が、細身の体形、長い翼、自在に旋回する飛翔能力など、ツバメによく似ています。似ているだけに攻撃的になったのではないか・・・、と考えましたがどうでしょうか。


2.  石井 秀夫     2020/6/29(月) 08:11:44 No.20200629161013-2 削除
135,413バイト

コアジサシ追加情報
投稿した6月20日は、コアジサシが最初ホバリングしてから急降下して水面ギリギリを飛び、水を飲み?上昇するという行動を繰り返していました(ターゲットの魚に逃げられて直前でダイブをやめたのではないと思います)。
その後、ツバメがコアジサシに偽攻撃?しましたが、最後には、コアジサシがホバリングしてから池にダイブして、小魚を捕まえ飛び去りました。
写真は池から小魚をくわえ飛び去るコアジサシです。


3.  唐沢孝一     2020/6/29(月) 16:10:13 No.20200629161013-3 削除
  越谷のコアジサシの採餌、興味深く拝見しています。魚をくわえて飛び立っていくことから、どこかで営巣しているはずですが、造成地や工事現場が多いようですが、どうでしょうか。
  昨年、工事現場の一角で営巣中のコアジサシを観察しましたが、いかんせん環境が不安定であり、同じ場所で継続して繁殖するのは難しいのがこの鳥の宿命のようです。

コアジサシ 
鈴木馨 2020/6/25(木) 22:35:02 No.20200629160514 返信 削除
200,697バイト 114,318バイト
多摩川の河口から27〜29キロ(多摩川原橋)付近で 昼間採餌しているコアジサシは いつも夕方5時前後には餌を加えて下流域に戻って行きます(最後は採餌に成功するまで何回もチャレンジしています)。多摩川原橋付近が上限のような気がします。この橋より上流では殆ど見かけません。

1.  唐沢孝一     2020/6/29(月) 16:05:14 No.20200629160514-1 削除
多摩川のコアジサシ情報、拝見しました。27〜29キロ(多摩川原橋)付近より下流に向って獲物を運ぶとのこと、この付近が採餌場所の上限ではないか・・・、というところがとても興味深いです。有難うございました。

6/26 ツミの親鳥 
高山道夫 2020/6/26(金) 23:05:13 No.20200629155935 返信 削除
820,155バイト 365,469バイト
408,827バイト 442,980バイト
某神社境内で巣立った「ツミ」の親鳥です。
暗紅色の目と縞がないのでオスと思われます。なにかカエルのようにも見える採餌物をついばんでおり、柔らかくして巣立った幼鳥に与えるのでしょうか。
杉の木のてっぺんに止まっているのは、黄色い目と横の縞模様から、メスと思われます。
以上、以前唐沢先生から教えていただいたこと。大変役立ち、ありがとうございました。

1.  唐沢孝一     2020/6/29(月) 15:59:35 No.20200629155935-1 削除
ツミの雄と雌の写真、拝見しました。

右上の写真は、拡大してみたところ、小鳥の足のようなものがみえます。大きさや形から推測して「スズメの幼鳥」ではないか、と推測しました。(貴重な写真なので、記録として保存させてもらいます)。スズメの幼鳥は、ちょうど巣立ちの時期でもあり、ツミにとっては格好の獲物です。7月になるとアブラ是などの都市のセミを捕食するようです。


[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 .. 368 ]  次へ

MiniBBS